不得意だった洋裁が趣味や特技となり活かせている事

自分でも多趣味な方だとは自覚しているのですが、これまでに様々な習い事もしましたし、その都度必要な投資もしてきました。以前通っていたのが洋裁教室です。洋裁は全くできない方でしたし、小学生の頃には宿題のパジャマさえ仕上げることができませんでした。その頃の洋裁のやり方と言えば、ヘラ状の物を使って印つけなどを行うので、作業そのものも効率的ではないと思いました。

体が弱く学校も休みがちだったのですが、授業は私を待ってくれず常に進んでおりミシンの使い方さえもわからず、裏糸がからまって全く縫い勧められない状況だったのです。結婚してからは子供も産まれましたし、学校に入れば親に手提げ袋を縫ってこいというような指示まであると友達にも聞きました。恥ずかしい思いをするのは学生の頃だけにしたいと子供を産んでからは思いました。

そういった経緯もあり、洋裁教室に入って学んだのですが、結果的に小学校や中学校での洋裁の習い方とは全く違い、縫製のやり方なども合理的な方法でしたし、ミシンのメンテナンスの仕方から細かな洋服の縫い方までも教えて貰いましたので、今では何でもできますし、少々この洋裁の特技を生かして仕事もできるようになりました。結果的にどんなにわからないことがあっても、頑張ればそれなりになるのだと今では思っています。